母乳はいつからいつまでがいいの?

母乳いつまで

 

母乳はいつからいつまでがいいのでしょうか?母乳育児をしているママの疑問にお答えしましょう。

 

初めての妊娠体験

 

初めての妊娠に気がついたのは、基礎体温表に変化があったからです。季節は冬。
もしかして妊娠してる? 簡易妊娠テストキッドを買ってテストすると妊娠のサインが、急いで婦人科に行くとやはり妊娠しているというありがたい報告を受けました。
私の中に宿る小さな命、一人じゃないんだ、これから出産までの10ヶ月いろいろなことに気をつけて安産をしたい、赤ちゃんのためにも、私のためにも。そう思いながら、ワクワクしたのを今でも鮮明に覚えています。

 

ありがたいことに時々テレビでみた、妊婦さんのつわりで吐いているいようなことは私には無縁で、胃がむかむかしたり、聞いたことがありませんでしたがゲップがよくでるという軽いものですみました。

 

もともと冷え性だった私、よく冷え性の人は妊娠するのが難しいという話を聞きますが、私のように妊娠できたケースがありますので、本当に運が良かったと思います。
妊娠はできたととしても、体が冷えているというのは妊娠中は特によくないことだと思いますので、夜お風呂にゆっくりつかって、午前中は足湯(足だけためたお湯につかる方法)をしたり、冷えは足を温めると良いということなので。 お灸を足三里や三陰交というつぼにして冷え対策をしました。

 

初めての妊娠と冷え対策

 

さて、他に気にかけた点ですが、助産師をした経験がある祖母に妊娠を報告するとよく動くように言われました。昔の妊婦さんは雑巾がけをして、妊娠のための筋肉を鍛えたとか、おなかが大きくなって重いからといってごろごろした生活を送っていると赤ちゃんと妊婦さん両方太りよくないらしいです。

 

話を聞いたときにやはり、運動は大切だと思いますが、掃除をしてとか雑巾がけをして動くのは、昔の人のように働き者なら分かりますが私の場合は他の方法を選びたいと思いました。
まずは、動くということで散歩によく出かけました。散歩をすると動くだけではなくて、気分転換になりますし一石二鳥です。

 

更に、せっかくだったら動いていて楽しい方がいいと思い、マタニティーヨガかマタニティービクス(マタニティー用のエアロビクス)を候補に上げました。私の住んでいるところは田舎で、コースのようなものはありませんので、楽しく動けるDVDでマタニティービクスをすることにしました。結果とても楽しく、明るく動くことができてよかったです。
そのかいあってか安産ができました。

 

TOP⇒母乳 出ない