乳首 白斑

乳首の白斑、その原因と正体は?について詳しく解説していますので参考にして下さい。
MENU

乳首の白斑、その原因と正体は?

乳首白斑

突然乳首に出来た謎の白斑。「なんだろうこれ?」と不安になった方も多いのではないでしょうか。
その白斑ですが、乳腺が詰まってしまい、母乳が外に出ることが出来なくなって発生するできものです。見た目はニキビのような、乳腺炎の症状の一つです。
ニキビも毛穴が詰まることで発生するので、母乳のニキビとも言えますね。
乳首の白斑だけでなく、しこりがおっぱいに出来る方もいます。
痛みがある方、ない方がいて症状には個人差がありますが、一刻も早く対策をするべきものであるのは確かです。

 

直ぐ出来る白斑対処法

痛みがない軽い症状の方は、自宅で対策を取って治すことも出来ます。
乳腺炎の一つであるので、対策は乳腺炎の応急処置とほぼ同じなのですが・・・
まずは赤ちゃんに母乳を飲んでもらうことです。母乳が詰まってしまうことが原因なので、たくさん赤ちゃんに吸ってもらって古い母乳を次々に出せば、詰まりが改善されて症状も良くなっていきます。ただ、この時点で痛みがあると言う場合は炎症が起きているので、病院に行って下さい。
赤ちゃんに吸ってもらう際、一方向だけでなく色々抱き替えて別々の方向から飲ませると詰まりにくくなります。
赤ちゃんがあまり母乳を飲まない子だったり、飲んでもらっているけど一向に改善しない場合は自分でマッサージして搾乳してください。
乳輪をつまみ、優しく揉みほぐしながらもう片方の手で、しこりがある方はしこりを押し、ない場合はおっぱいを優しくマッサージして下さい。
詰まっている場合は最初黄色い母乳が出ますが、これは詰まっていた古い母乳なので、全て出し切って新しい白い母乳が出てくるまで行ってください。
吸ってもらう際と同じく、色々な方向から揉んだり、引っ張ったりすることがポイントです。

 

自分で出来る白斑予防法!

白斑になって痛い思いをするよりは、ならないように対策をしていきたいですよね。
まず、血の流れをドロドロにする、コレステロールの多い食べ物は基本的にNGです。控えて下さい。
揚げ物、ケーキやアイスなどの甘いお菓子、牛乳やチーズなどの乳製品が該当します。
パンは、小さいクロワッサン一つでも乳腺炎を引き起こすことがあるので、口にしない方がよろしいと思います。
食べるものは基本的に和食を中心にして下さい。特にほうれん草や小松菜などの青菜は血液をサラサラにしてくれるので、毎食取り入れて下さい。
市販の青汁を飲むことも血液サラサラの効果があるようなので、興味がある方は取り入れてみて下さい。他にも海藻類や大豆食品もいいとされているので、元々お野菜が好きな方はサラダにしてみてもいいですね。但し、市販のドレッシングは油分が多いので無添加のしょうゆ、味噌や質のいいオリーブオイルなどを使用して下さい。
どうしてもお肉や魚を食べたい!と言う方は極力油を使わず、お肉ならささ身、魚なら白身魚を食べるように心がけましょう。
調理法も焼くより茹でる、蒸すで余分な脂を落としてから召し上がってくださいね。

 

如何でしょうか。食べ物の他にもストレスや疲労が原因で白斑が発生し、その後何度も乳腺炎を繰り返して大変な思いをされている方もたくさんいると思います。
体質などもあるので病院にかかるのが一番だとは思いますが、ご家庭で出来る対策も頭に入れておくといざと言う時に役に立ちますよ。

 

TOP⇒母乳出ない

このページの先頭へ